ツラいPMSには原因があった!女性の体は大変デリケート

最新記事一覧

女性特有の悩み

膝を抱える女性

生理前の不調はなぜ

毎月やってくる生理は女性にとって大切なことですが、生理前になるとなぜか心身ともに不調を感じている女性が多くいます。月経前症候群のことをPMSと言われていますが、このPMSとはどんな症状なのでしょうか。PMSの症状は、主に精神的症状と身体的症状と分かれています。どちらの症状も生理前の10日間前後にあらわれます。イライラや不安になったり、気持ちが沈んで落ち込んでしまったり、急に悲しくなってしまい感情の起伏が激しくなってしまうなど、人によって症状が異なります。身体的にも眠気が続いて集中力が低下したり、胸のはりがひどく痛みを感じたり、肩こりがひどく疲れやすくなってしまうなど日常生活を送ることも困難になってしまう人もいます。PMSの症状はたくさんありますが、原因は女性ホルモンの変化によって引き起こされています。女性の体は、生理前の2週間は黄体期と言われていて、プロゲステロンの分泌が盛んになることが特徴です。このプロゲステロンが盛んに分泌される為に、精神的にも肉体的にもさまざまな不調を起こす原因と言われています。PMSの原因となるプロゲステロンの分泌は、生理が始まると減少してくるので、生理がくると自然とPMSの症状もおさまってきます。PMSの原因は急激なホルモンバランスの変化なので、日常生活を送る上で心身ともに不調が出ないように生活することで症状を抑えることができます。PMSが出やすい生理前の2週間の間は、無理な予定を入れないように気をつけたり、睡眠不足にならないようにするなどストレスを貯めないように工夫することが大切です。

Copyright© 2018 ツラいPMSには原因があった!女性の体は大変デリケート All Rights Reserved.